トップ企業情報FD宣言

FD宣言

お客様本位の業務運営に関する方針

私たち株式会社リスクテック(以下、当社)は経営理念にも掲げているとおり、
常にお客様目線で物事を考え、お客様にとってベストな保険商品・サービスをご提案・ご提供できるよう努めます。
そのために、お客様本位の業務運営に関する方針を定め、実践していくことをお約束いたします。

<経営理念>
・私たちは、常にお客様の立場に立って物事を考え、“For You”の精神を貫きます。
・私たちは、それぞれのお客様に対して、Bestな保険商品のご提案を行います。
 
お客様にとってBestな保険商品を提供し続けることで、顧客の信頼を得続ける代理店であり続けます。
・私たちは、保険の内容を常に熟知し、真心をこめた正しいコンサルティングや
 
お客様への総合的なサービスを行うことにより、保険を通じて社会に貢献します。

1.お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表及び対応指針
当社は、保険の専門家として、お客様にご安心とご満足をいただけるよう、常にお客様の立場に立って物事を考え、お客様にとってベストな保険商品・サービスをご提案・ご提供できるよう努めます。
より良い業務運営が継続的に実施されるよう、この方針及び取り組み状況について、適宜見直し、公表してまいります。

2.お客様の最善の利益の追求
当社は、別途規定している推奨方針に沿って、保険商品ごとにあらかじめ選定した推奨保険会社の保険商品を中心に、お客様へのご提案を実施してまいります。
尚、お客様に不利益になりうる保険募集を行わないよう、募集の際に十分な意向確認を実施し、推奨保険会社の保険商品とお客様のご意向が乖離した際は、他社取扱い保険会社を含めてご提案を行い、お客様のご意向・利益を最優先します。
お客様には取扱い保険会社が複数社あること、保険会社によって保険料、保障内容が異なることをお伝えし、お客様のご意向に沿った保険商品をご提供できるよう努めてまいります。
また、お客様から事故のご連絡や契約内容に関するお問合せ、変更の依頼などがあった際は、 迅速に事故受付、契約変更や更新の対応をいたします。
<具体的取組>
・「当社推奨方針のご案内」をお客様との新規取引時には必ず手交します。
・更新のご案内が早期になされることがお客様のご安心、利益につながると考えますので、 早期更改率を取得・公表します。
・お客様からいただいた、お褒めの言葉、クレームなどは
 
「お客様の声」を管理システムに入力し、毎月月初の朝礼時に全員で確認します。

3.利益相反の適切な管理
当社は、お客様との利益相反のおそれのある取引について、
お客様の利益が不当に害されることのないよう、適切に管理する態勢を構築してまいります。
<具体的取組>
・「当社推奨方針のご案内」をお客様との新規取引時には必ず手交します。
・従業員の給与を固定給としていることで、手数料率の良い商品販売の偏りや、
 
募集人の生活困窮による無理な契約行為を排除します。
・推奨保険会社の必須研修(利益相反などコンプライアンス研修含む)について、従業員全員が100%受講します。

4.手数料等の明確化
当社は保険代理店として、保険商品の販売を行う対価として、当該保険会社から代理店手数料を受領いたします。年間の取扱保険料や業務品質に応じて、保険会社ごとに手数料率は若干異なりますが、料率の差はわずかであり、保険会社から受け取る販売手数料の違いにより、お客様へ提供するサービスや商品を変えることはしないよう努めてまいります。
<具体的取組>
・「当社推奨方針のご案内」をお客様との新規取引時には必ず手交します。
・従業員の給与を固定給としていることで、手数料率の良い商品販売の偏りや、
 
募集人の生活困窮による無理な契約行為を排除します。

5.重要な情報をわかりやすく提供
当社は、保険商品が形のないものであることに鑑み、常にお客様目線に立ち、専門用語を多用することなく、保険商品の内容、特性など有益な情報をわかりやすくご提供し、適切なご提案ができるよう心がけてまいります。
また、パンフレットや重要事項 説明書、ご契約のしおり等、保険会社の届け出がなされている資料を適切に使用することで、誤った情報を排除し、視覚的にご理解いただけるように努めてまいります。
投資性のある商品(具体的には変額保険や外貨建て保険)については、お客様のご意向・ニーズを十分に確認の上、情報提供を行ったうえでご提案していくよう努めてまいります。
<具体的取組>
・「当社推奨方針のご案内」をお客様との新規取引時には必ず手交します。
・新規のご契約の場合、意向把握シートへの記載もしくは意向把握管理システムへの登録を行います。

6.お客様に最適なサービスの提供
当社は、お客様の財産状況、保険その他の金融商品に関する取引経験・知識、保険商品の加入目的やご年齢、家族構成等を総合的に勘案して、お客様個々にベストな保険商品・サービスをご提供できるよう努めます。
そのため、お客様のご意向を的確に把握するよう傾聴力を高め、システムを利用してデータ化し、適切に管理してまいります。
また、ご高齢者等、特に配慮を必要とされるお客様については、理解していただきやすい平易な言葉での説明を心掛け、また、ご親族などに同席いただき、高齢者対応記録簿へ記録していきます。
<具体的取組>
・更新のご案内が早期になされることがお客様のご安心、利益につながると考えますので、早期更改率を取得・公表します。
・高齢者に対しては、「高齢者対応記録票」を用いて募集を行い、
 
特段の配慮がなされているかを月初の朝礼で共有、管理者による点検を行います。
・新規のご契約の場合、意向把握シートへの記載もしくは意向把握管理システムへの登録を行います。

7.「お客様本位の業務運営」の浸透に向けた取り組み
当社 は、お客様本位の業務運営を継続するために、各保険会社の行う研修を中心に、お客様本位の業務運営、法令やガイドライン、コンプライアンス、商品知識などについて、定期的に研修・教育を実施し、その他専門性の高い公的資格・民間資格の取得にも努め、お客様に質の高いコンサルティングサービスを提供してまいります。
<具体的取組>
・本方針を社内に浸透させるため、月初の朝礼 で本方針を読み上げ、取り組み状況を共有します。
・推奨保険会社の必須研修(利益相反などコンプライアンス研修含む)について、従業員全員が100%受講します。

最後に、取得・公表するKPI(※KPIkey performance indicator の略です。会社などの重要業績評価指標の意味です。)
についてまとめると以下となります。
・早期更改率
・新規契約の意向把握管理システム登録率
・必須研修受講率・状況

尚、「顧客本位の業務運営に関する原則」の内、投資性商品またはパッケージ商品・サービスなどを対象とした注(原則 5 注 2 ・注4、原則6注2・注3・注4)
については、金融商品の組成に携わっていないなど、当社の取引形態や取扱商品の特性に鑑み対象としておりません。
今後、環境変化等を見据えて適切に対応してまいります。

令和3年12月28日
株式会社 リスクテック
代表取締役 飛永真言

公表資料